お腹だけ太る原因は!?30代女性がやるべきお腹痩せ対策とは!?

お腹だけ太る原因は!?30代女性がやるべきお腹痩せ対策とは!?

30代になると、色々な悩みが増えてきますよね。

その中に、お腹だけ太ることで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

腕などは太らないのに、なぜかお腹だけ太る・・・。

その原因とは一体何なのでしょうか?

また、対策はどうしたら良いのか。

 

今回は30代の女性に向けてお腹だけ太る原因や対策についてお伝えしていきます。

確かに、お腹だけ太るのって何故なのか不思議ですよね。
原因を知っておけば、予防にも繋がるので一緒に確認していきましょう!

 

お腹だけ太ってしまう!

お腹だけ太る原因は!?30代女性がやるべきお腹痩せ対策とは!?

体に関する悩みは付きないものですが、その中にお腹だけ太ることで病んでいませんか?

なぜか、お腹だけでしまい不格好に・・・。

 

手足にはお肉がつかないのに、お腹だけ太ってしまうと体のバランスが悪くて恥ずかしいですよね。

それに、お洒落をする時も似合う洋服というのが限られてきて、シルエットをごまかすような服を着る必要があります。

 

そのような体型をしていると、気になる男性がいる場合はアタックすることができませんし、相手がいる場合は引かれてしまうかもしれません。

それは絶対に嫌ですね・・・!

 

これまでに、何か対策をしてきた人もいると思いますが、ダイエットに成功セずに『一体どうしたら良いの?!』と困っているかもしれませんね。

それか、もうすでに諦めてしまっている人もいると思います。

 

ですが、放置しているとさらに痩せづらくなってしまい、取り返しの付かないことになってしまうかもしれません。

そうならないためにも、早めに対策をしておくのが良いでしょう。

 

お腹だけ太るのを防ぐための第一歩は、まず原因を知っておくことです。

まずは、『お腹だけ太ってしまうのはなぜか』という理由から知っておくのが良いでしょう。

 

お腹だけ太る原因とは?

お腹だけ太ってしまう原因は1つではなく、いくつもあるので、自分が当てはまっているのかどうかを意識しながら確認してみましょう!

 

原因①筋肉量の減少

人の体を動かすために必要となる筋肉。

全身の筋肉量が減少することで、お腹だけ太りやすくなるのです。

 

というのも、筋肉はエネルギー消費量と関係があって筋肉量が多いほどエネルギーを消費しやすくなるので、じっとしているだけでも消費カロリーが増えます。

ですが、筋肉は年齢と共に年々減少してしまうのです。

 

『20代と比べて太りやすくなったな・・・』と感じている人は多いと思いますが、それは筋肉量が減少したことで消費カロリーが減ったことが大きく関係しています。

 

原因②内臓下垂

これも筋肉が関係しています。

通常内臓は筋肉によって正しい位置で保たれており、お腹の空洞にしっかりと収まっています。

 

ですが、筋肉量が減少して筋肉が減ってしまうと内臓を保つことができなくなることで垂れ下がってしまいます。

内臓が垂れ下がることで、ぽっこりしたお腹になるのでお腹だけ太ったように見てしまうのです。

細身の体型の人に多い原因です。
細身の友人がいるのですが、確かにお腹だけぽっこりしていたような気がします・・・。

 

原因③姿勢

体型と姿勢には密接な繋がりがあります。

その中でも猫背や反り腰と呼ばれる姿勢の人は要注意。

 

猫背は背骨が曲がって、背中が丸まっている姿勢のこと。

猫背になると、腹筋が衰えやすく内臓が垂れ下がりやすくなります。

 

そして、反り腰とは、腰が弓のように沿っている状態のこと。

イメージとしては、お尻が突き出ている状態ですね!

反り腰になると、体のバランスが大きく崩れてしまうだけでなく、こちらも猫背同様に腹筋が衰えてしまい内臓が垂れ下がってしまいます。

また、反り腰は腰痛の原因にもなるので、気をつけましょう。

 

原因④骨盤の歪み

体の中心組織となっている骨盤。

骨盤が歪むことでも、お腹太りにつながってしまいます。

 

というのも、骨盤が歪んで開いてしまうことで内臓が垂れ下がってしまいぽっこりお腹になってしまうのです。

特に、女性は男性よりも骨盤が歪みやすいので注意が必要です。

また、出産を経験した方であれば、その後骨盤ゲアをしておかないと骨盤は歪んだままと言われています。
いわゆる産後太りと呼ばれるものです。

 

原因⑤運動不足

人は消費カロリーよりも摂取カロリーが多いと脂肪が蓄えられていき太ります。

運動習慣がない場合は消費カロリーが少ないので、摂取カロリーが増えやすくなるので太りやすくなるのです。

 

また、運動時には脂肪がエネルギーとして使われますが、その機会も無いのでお腹にどんどん脂肪が蓄積してしまうのです。

大人になってから運動付属になっている人は多いのではないでしょうか?

 

原因⑥便秘

腸内に便が詰まっていると、便からガスが出てしまい、お腹が張るのでお腹だけ降ったように見えてしまいます。

また、便が詰まっているので物理的にお腹が大きくなってしまいます。

 

男性と比べて女性はホルモンの影響などにより便秘に成りやすいと言われています。

長期間便秘になると便の臭いを体が吸収して体臭になってしまうと言われています。
そんなことになったら最悪ですね・・・!

 

原因⑦食事

普段から食事の量が多い人、一気にどか食いをしてしまうなど、食べ方によっても体型は左右されてきます。

また、何を食べているかによっても影響されてしまいます。

 

というのも、炭水化物中心のメニューの場合は糖質の過剰摂取になっている可能性が非常に高く、あまった糖質は体脂肪として使われてしまいます。

タンパク質が不足している場合は筋肉量の減少にもつながってしまうなど、日頃の食事が体型に与える影響は大きくなっています。

早食いをする人も注意が必要です。
脳が『お腹いっぱい!』と指令をだすには約15分掛かると言われていますが、 早食いをするとその司令がでる前に食べ終わるので必要以上に食べすぎてしまい、カロリーオーバーになりやすいんです。
そうだったんですね!早食いには気をつけます。

 

病気の可能性もあるって本当?

実は、お腹だけ太っている場合、病気の可能性もあります。

考えられる病気は以下のものが有ります。

  • 卵巣嚢腫
  • 卵巣がん
  • 子宮筋腫

 

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫とは、脂肪や水が卵巣に溜まり、膨らんだ腫瘍ができる病気のこと。

大きくなると腫瘍は30cmほどになると言われています。

 

この大きさになってしまうと、お腹まで大きくなってしまいます。

 

卵巣がん

卵巣がんの症状が進行するにつれて、腫瘍の大きさが大きくなっていきます。

腫瘍の大きさが大きくなると、内側から押し出されるようにお腹も大きくなってしまいます。

卵巣にできてs舞うと腫瘍の約9割が卵巣嚢腫で1割が卵巣がんと言われています。

 

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮に出来る良性の腫瘍のことです。

女性の中でも特に30代から40代の女性が成りやすいと言われており、人によって腫瘍の大きさや数に違いがあると言われています。

腫瘍は大きくなると、10cm以上にもなると言われています。

 

お腹だけ太りやすい理由とは?

お腹だけ太る原因は!?30代女性がやるべきお腹痩せ対策とは!?

先程、お腹だけが太る原因についてお伝えしましたが、次はお腹にお肉が付きやすい理由についてお伝えしていきます。

 

理由①内臓

お腹の部分には行きていくために大切な臓器がたくさん詰まっています。

そのため、体は内臓を守るためにお腹周りに体脂肪を蓄えやすくなっているのです。

 

また、脂肪は外部からの衝撃だけでなく冷えからも身を守ってくれるので、日頃から内臓を冷やす生活を送っている人は更に付きやすいので注意しましょう。

そして、女性はホルモンの影響で体脂肪がつきやすくなっているので、余計にお腹だけが太りやすいのです。

なぜそうなっているのでしょうか?
簡単にいうと、女性は妊娠をした時に赤ちゃんと母体を守るために体脂肪を蓄えやすい様になっているのです。
なるほど、だから女性は体脂肪が付きやすいんですね。

 

理由②内臓脂肪

体に蓄積する脂肪には種類があることをご存知ですか?

  • 皮下脂肪
  • 内臓脂肪

この2種類あります。

皮下脂肪とは皮膚のしてに貯まる脂肪のことです。

 

お肉をつまんだ時にぶよぶよしているのは皮下脂肪となっていて、蓄積するのに時間が掛かりますが一度体についてしまうと落とすのに時間が掛かる特徴があります。

女性が気になる二の腕や太もものたるみなどの原因にもなっているものです。

 

そして、内臓脂肪とは内臓の周りに蓄積する脂肪となっていて、蓄積してしまうとお腹が太ってしまいます。

内臓脂肪は蓄積しやすい特徴があるので、食べすぎてしまったり、ちょっとした生活習慣の影響が出やすいのです。

 

皮下脂肪と異なり、蓄積しやすいことに加えてお腹周りに蓄積するのでお腹だけが太ってしまう原因となってしまいます。

皮下脂肪は全身に少しずつ蓄積していきますが、内臓脂肪はお腹が直で大きくなってしまうんです・・・。

 

対策はどうしたら良いの?

お腹だけが太ってしまう場合の対処法ですが、食事と運動で行う対処法についてお伝えしていきます。

 

食事

食事で対策をする時に押さえておくべきポイントは以下になります。

  • カロリー
  • 栄養
  • 食べ方

 

カロリー

やっぱり、基本となるのはカロリーです。

先程もお伝えしましたが、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っている場合は太ってしまいます。

 

だからといって、摂取カロリーを減らしすぎても体には悪影響となり、太る原因となるので、必要最低限のカロリーは摂取する必要があります。

『自分にどの位のカロリーが必要なの?』と疑問に感じていると思います。

 

基礎代謝を求める計算式というのがあるので、計算してみましょう!

  • 665+9.6×体重(kg)+1.7×身長(cm)-7.0×年齢

上記の計算結果は基礎代謝となります。

 

続いて、1日の消費カロリーを求めるための式ですが、『基礎代謝×◯』となります。

 

◯は自分の生活レベルに合わせて入る数字が異なります。

  • 運動習慣がない・デスクワーク⇢1.3
  • 家事や仕事で少しは体を動かしている⇢1.5
  • 体力仕事や軽度の運動をしている⇢1.7
  • 日頃からトレーニングをしている⇢51.9

ここで、出した計算結果、目安に一日の摂取カロリーを調整してみましょう。

 

栄養

どの位のカロリーを摂取するのかも大切ですが、何を食べているのかも大切です。

体にとって一番大切な栄養素はタンパク質となっています。

 

そのため、毎日欠かすことなくタンパク質は摂取しましょう。

運動週間がない女性は体重1kgあたり、0.8~1gは最低限必要と言われています。

そして、脂質も適度に摂取しないと肌荒れやホルモンバランスが乱れてしまうので、忘れないように気をつけて下さい。

 

一番気をつけるべきは糖質です。

糖質は何かと過剰摂取してしまったり、思わぬところから摂取していることもあります。

過剰に摂取した糖質が体脂肪として蓄積されていきます・・・。

 

完全に避ける必要はありませんが、日頃食べている量を6~8割にするなど少しずつ量を調整してみましょう。

糖質を抜きすぎると、体がボロボロになってしまい、肌荒れや太りやすい体質になるので、注意して下さい。
え!糖質は抜けば良いだけだと思っていましたが、違うんですね!!

 

食べ方

食べ方のポイントは2つ。

  1. よく噛む
  2. ゆっくり食べる

この2つは守りましょう。

 

人の消化吸収は口から始まっていると言われているように、よく噛むことは重要なのです。

しっかりとよく噛んでおくことで、摂取した食事の消化吸収がよくなり、体に栄養が取り込まれやすくなり、内臓の負担を減らすことができます。

 

逆によく噛まない場合は未消化物ができてしまったり、内臓疲労に繋がってしまい太る原因になってしまいます。

未消化物が溜まると便秘にもなってしまいます。

そして、ゆっくりと食べることも忘れてはいけません。

 

人が満腹感を得るためには15分程の時間が掛かると言われているので、最低でも15分間は食事を楽しむようにしてみましょう。

そうすることで、食べ過ぎを防ぐことに繋がります。

 

運動

消費カロリーを増やす、筋肉を衰えさせないためには運動を取り入れるのが効果的です。しかありません。

運動といっても、有酸素運動と筋トレでは目的が異なります。

 

有酸素運動

有酸素運動とは、水泳やジョギングなどの長い時間続けて行う運動のことです。

有酸素運動の最大のメリットはエネルギー源に体脂肪が使われることです。

 

特に、内臓脂肪の燃焼が活発になると言われており、早い段階で効果が現れやすいのです。

そして、内臓脂肪を燃焼をしていくと次は皮下脂肪まで燃焼するので、ダイエットには有酸素運動がとても効果的なのです。

でも、有酸素運動って最低でも20分は続けないといけないんですよね?
以前まではどう言われていましたが、10分を2回に分けても脂肪燃焼効果は変わらないという研究結果も出ています。

 

筋トレ

筋トレは筋肉の衰えを防いだり、筋肉を強化するために行います。

特に女性は筋肉量が少ないので、日頃から筋トレをしておくことが大切です。

 

しかも、筋トレをすると体が引き締まったり、美容にも良い影響が出ると言われているのでメリットばかりです。

30代の女性におすすめのお腹痩せ筋トレをご紹介していきます。

 

筋トレ①下腹部引き締め

こちらの筋トレに取り組むことで、下腹部を鍛えることが出来るので、ポッコリお腹の改善や予防に効果的です。

回数よりも、大切なのはフォームなのでまずは正しいフォームで出来るように取り組んでいきましょう!

 

筋トレ②下腹部引き締めその2

先程の筋トレをレベルアップしたものとなります。

今度は膝を伸ばして行うので、きつくなりますがその分効果も上がるのでぜひ取り組んでみて下さい。

 

筋トレ③横腹

こちらは、腹筋が弱い女性でも取り組める腹筋トレーニングとなります。

上体をあげる必要が無いので、わたしでもできそうです!

 

筋トレを紹介して行きましたが、どれも一朝一夕で効果がでないので、継続敵に取り組んでいくようにしましょう。

 

もっと手軽な対策方法とは?

考える

お腹痩せのためには食事や運動が効果的とご紹介してきましたが、正直どれも大変ですよね・・・。

ですが、大変だからと言って取り組まなければ、いつまでたっても体型に変化がでることはありません。

 

お腹だけでが太っていると、恥ずかしいですし周りからバカにされたり嫌な思いをしてしまうことが多いですよね。

『少しでも楽に早く改善したい!』そう思う人は多いのではないでしょうか?

 

実は、着るだけで体幹ケアをできてスリム体型をゲットできるグッズがあるのです。

なので、筋トレが面倒な方や辛い食事制限をしたくない人にオススメとなっています。

 

そのグッズとはエクスレンダーです。

 

エクスレンダーはてんちむさんや、うさたにパイセンも愛用している人気グッズ。

 

それだけでなく、TVや雑誌でも紹介されたり美意識の高い女性の間ではもはや常識となっています。

『楽をして痩せたい・・・』そんなワガママな願いを叶えてくれるものこそがエクスレンダーなのです。

 

ただ、人気グッズとなので在庫が残りわずかとなっていて、次回入荷は未定です。

なので、この機会を逃してしまうともう二度と手に入らないかもしれないので、早めにチェックしておくことをおすすめします。

 

想像してみて下さい。

エクスレンダーを着用して、スッキリ体型を手に入れた自分の姿を。

人生がもっと明るく楽しいものになっているのではないでしょうか?

 

特別価格終了になって、損をする前にぜひ手に入れて下さい。

※クリックしても公式サイトに飛ばない場合は、残念ですが欠品です

 

お腹だけ太る原因と対策まとめ

今回は、お腹だけが太る原因と30代女性の対策についてお伝えしました。

お腹は、内臓脂肪の蓄積や内臓下垂などで太りやすい部分となっています。

 

毎日の食事や生活習慣の影響が出やすい部分でもあるので、日頃から対策をする必要があります。

手っ取り早く出来る対策は運動となります。

 

そして、おすすめの筋トレもご紹介しましたが、どれも自宅で出来る簡単な方法となっているので、ちょっとした空き時間を見つけたら取り組んでみて下さい。

ただ、筋トレなどに取り組めない人はエクスレンダーという対策グッズがあるので、そういったものを活用して賢くスッキリ体型を手に入れちゃいましょう!

 

特別価格終了になって、損をする前にぜひ手に入れて下さい。

※クリックしても公式サイトに飛ばない場合は、残念ですが欠品です