女性のくびれを作る方法なら筋トレや運動がおすすめ!

くびれって憧れちゃいますよね。

モデルのようなメリハリのあるボディラインになりたいと、女性なら誰しも一度は思ったことがあると思います。

 

『でも、私には無理だよね・・・』

そう諦めてしまうのは非常にもったいないです!

 

というのも、くびれは誰でも作ることが出来るんですから。

そこで、この記事ではくびれを作る方法をお伝えするとともに、効果的な筋トレや運動をご紹介していきます!

 

くびれが欲しい!

くびれを作る方法

『くびれが欲しい!』

だって、くびれがあればそれだけでとても美しい見た目になりますから・・・。

 

例えば、海やプールに遊びに行って水着になった時にくびれがあるのとないのとでは、周りの反応が大きく違うのは言うまでも無いですよね。

キレイなくびれがあれば周りの視線はあなたに釘付けになること間違いないです。

 

とはいえ、くびれを作るためにはどうしたら良いのか分からずに困っていると思います。

くびれを作るためには筋トレや運動が効果的なんです。

 

ただ、普通の腹筋運動などをしていても、この先あなたのウエストにくびれが出来ることはないでしょう。

間違った方法に取り組まないためにも、この記事で紹介している効果的な筋トレや運動を参考にしてみて下さい。

 

ですがその前に、くびれを作るために必要な事を知っておく事が大切です。

そうすることで、自分が今なにをしているのか理解できてモチベーションの維持にもつながりますので!

 

くびれについて知っておこう!

くびれって痩せればできると思っていませんか?

確かに痩せていれば、ウエストが細く見えますがくびれとは少し違います。

 

くびれはバストとヒップとのバランスが大切になってきます。

ウエストをバストやヒップよりも細くすることで、くびれができるんです。

 

だからといって普通の腹筋運動だけをしていても残念ながらくびれが出来ることはありません。

というのも、腹筋といっても実はいくつも種類があるんです。

  • 腹直筋
  • 腹斜筋
  • 腹横筋

 

代表的なのはこの3つになります。

なんだか、どれも似たように思えてしまいますが、全然別物の筋肉となっていて違いを知っておかなければ筋トレをしても効果が薄れてしまいます。

 

なぜなら、筋トレはどこの筋肉に効いているのかを意識することで効果が高まると言われているからなんです。

次に各筋肉をご紹介していくのでチェックしてみてくださいね。

 

腹直筋

体の前面を覆っている腹筋のことです。

一般的に『腹筋』というのはこの腹直筋を指していて、鍛えることでいわゆるシックスパックを作ることが出来ます。

 

そのため、クビレを作るために普通の腹筋運動を行ったとしても腹筋が割れるだけでお腹の両サイドにはあまり効果がなくてくびれを作ることは出来ません。

ただ、鍛える必要がないのかというとそうではなくて、腹直筋を鍛えることで内臓を正しい位置に収めることが出来るので、内臓下垂を防ぐことができます。

 

腹斜筋

お腹の両サイドにあるのが腹斜筋となります。

この腹斜筋こそがくびれを作るために必要な筋肉なんです。

 

腹斜筋が弱いとくびれが出来ないだけでなく、お腹もたるんでしまうのでお腹周りをスッキリと見せるためには腹斜筋を鍛えることは必須条件となっています。

 

腹横筋

腹横筋はいわゆるインナーマッスルのことです。

腹横筋は『笑う時に使われる腹筋』といえばイメージしやすいと思います。

 

お腹の一番奥に位置している筋肉でお腹周りをコルセットのように包み込んでいて体を支える非常に重要な筋肉となっています。

腹横筋を鍛えることで、内側からお腹を引っ込めることが出来ます

 

男性がくびれを好きな理由とは?

男性は女性のくびれを好むと言われていますが、それには理由があったんです。

何でも、男性は本能的にその人物が本当に女であるのかを確認するために、腰のくびれを確認すると言われています。

そして、くびれがある女性に惹かれやすくなるとのこと。

 

例えば、2人の女性がいたとします。

  1. くびれがない痩せている女性
  2. くびれのあるぽっちゃりしている女性

この時、男性は2番の女性を選ぶ傾向があるとのこと。

そのため、ただ痩せているだけでは魅力的には見えないということなんですね・・・。

 

なので、ダイエットをしてただ痩せるだけではなくて、くびれを作ることであなたをさらに魅力的にしてくれるということ言えますね。

さらに驚いたのがくびれを作ると、魅力的に見えるだけではなく他にも様々なメリットがあったんです!

 

くびれを作るメリット!

くびれって見た目を魅力的にしてくれるだけではなくて、他にも様々なメリットがあったんです。

コレを知ると、ますますくびれが欲しくなっちゃうと思います!

 

メリット①妊娠力が高まる

くびれを作ることで妊娠力が高まると言われています。

 

くびれがある女性はくびれがない女性と比べて妊娠する確率が2倍も高くなるというデータがあるんです。

そういったこともあって、くびれを持っている女性に男性は本能的に惹かれやすくなるんだとか。

 

メリット②病気のリスク軽減

平均的なくびれを持っている女性は

  • 心臓疾患
  • 糖尿病
  • 胆嚢疾患
  • 婦人科系の癌

こういった病気になる確率が減少すると言われています。

 

メリット③美肌効果

『くびれと美肌にどんな関係が?!』という声が聞こえてきそうですが・・・

 

くびれを作ると女性機能が正常になることで、女性ホルモンが多くなりやすいと言われています。

女性ホルモンは肌の水分量を上げたり、コラーゲンの生成を促す効果があるため結果的に美肌に繋がるということなります。

 

メリット④バストアップが強調される

ウエストにくびれが出来ることでバストのサイズが変わっていなくても、バストが強調されてバストアップしたように見えるです。

そのため、あなたはより一層魅力的に見えることになります。

 

くびれを作ると見た目が美しくなるだけでなく、様々なメリットがあるのでぜひともゲットしたいですよね!

実は、くびれには理想的なくびれがあることをご存知でしたか?

 

理想のくびれってなに?

アメリカの心理学者のデベンド・シン博士が世界16カ国で調査をした結果、理想のくびれ『WHR』というのを発見したそうです。

WHRとは『Waist to Hip Ratio』の略称で直訳すると、『ウエストとヒップの比率』とそのまんまです。

 

WHRの理想値は0.7とのことで、算出方法は

ウエスト÷ヒップ=0.7

 

この数値に近ければ近いほど、理想のバランスになっているんだとか。

なんでも、博士が歴代の美人コンテストの優勝者などを調べた結果、WHRはほぼ0.68~0.72だったとのこと。

 

この数値にWHRはあながち嘘でも無いみたいですね・・・。

そこまでガッツリ計算して運動に取り組む必要は無いかもしれませんが、参考までにどうぞ。

 

筋トレや運動の注意点!

くびれを作るためには筋トレや運動が効果的ですが、効果を台無しにしないためにも注意点があります。

というのも、くびれを作るために痩せることを考えてしまい極端に食事量を減らさないことです。

 

食事量を減らした状態で筋トレを行うと体は筋肉をエネルギーとして使うようになるので、トレーニングをすればするほど筋肉が落ちていくことに成ります。

 

また、筋トレをして傷ついた筋肉は回復することで強くなるのですが、食事から満足に栄養素を取ることが出来ければ回復することが出来ずにトレーニングの効果がなくなってしまうんです・・・。

 

トレーニングが終わったら必ずタンパク質を摂取するようにしましょう。

タンパク質は筋肉の材料になるので摂取しないと筋肉は回復することが出来ません。

 

また、糖質を減らしすぎるとエネルギー不足となってしまうので、過剰摂取に注意しながら適切な量を摂取していきましょう。

 

くびれを作る方法はこれ!

では、実際にくびれを作るために効果的な筋トレや運動方法をご紹介していきます!

 

準備運動

いきなり筋トレなどを置こうと体はびっくりしてしまって効果が薄れてしまうので、まずは筋トレの前に行う前のウォーミングアップとして取り組みたいのが『腰回し』です。

やり方はとても簡単で、直立姿勢からフラフープを行う時のように腰を回すだけです。

 

この時に上半身が動かないように気をつけて下さい。

 

やり方の動画

 

方法①ワンハンドツイストクランチ

腹斜筋をダイレクトに鍛える方法となっています。

床に仰向けに寝て膝を90度まであげます。

 

前ならえをするように手を胸の前に突き出し、手のひら同士を合わせます。

 

脚は固定したままで肘を曲げないように手を腰の右側まで降ろしたら、元に戻します。

反対側も同じように行います。

 

文字にすると伝わりにくいと思うので、実際の動画を確認しながら行ってみて下さい。

 

やり方の動画

 

方法②ツイストクランチ

今度は膝と肘を合わせて行うツイストクランチとなります。

 

仰向けに寝て手は頭の後ろで組んで、右膝を曲げます。

左肘を右膝にくっつけるように上体を起こします。

 

反対側も同じように行います。

入れ替えた際に、伸ばしている脚が床につかないようにすると効果が高まります。

 

やり方の動画

 

方法③サイドブリッジ

体の側面で体重を支えるトレーニングとなっています。

 

横向きに寝て下側になっている方のひじを90度に曲げて肩の真下に置く。

その状態で腰を浮かせて3秒間キープします。

 

 

片側3回ずつ行います。

 

やり方の動画

 

方法④ドローイン

ドローインは、もしかすると聞いたことがあるかもしれませんね。

ドローインを一度身につければ、歩いている時や家事をしている時など、どんな時でも行うことが出来ます。

 

ドローインのやり方は姿勢良く立ったら、鼻から大きく息を吸い込みお腹を膨らませまて、ゆっくりと口から息を吐きながらお腹をへこませていきます。

へこませた状態で30秒間キープします。

 

やり方の動画

 

方法⑤有酸素運動

最後にご紹介するのは筋トレではなくて有酸素運動になります。

有酸素運動とは時間をかけながら行う運動のことで、運動のエネルギーとして脂肪を多く使うので、お腹周りについている余計な脂肪を燃焼することができます。

 

代表的な有酸素運動は

  • ジョギング
  • 水泳
  • エアロバイク
  • ウォーキング

こういったものがあります。

 

1日、数十分でも良いので、継続していくことで脂肪が落ちていきます。

 

筋トレで腹斜筋に筋肉をつけても脂肪がついていると思うようにくびれはできないので、筋トレと有酸素運動を上手く組み合わせていくことで、くびれが出来てきますよ!

 

ちなみに、一度に20分続け無いと有酸素運動の効果がないという情報を聞いたことがあるかもしれませんが、最近の研究で複数回に分けて行っても合計時間が同じならば消費カロリーは同じということが判明したそうです。

なので、長時間続けるのが難しい場合は、分けて行うのも一つの手段ですね。

 

くびれを1秒でも早く手に入れるためには?

女性のくびれを作る方法なら筋トレや運動がおすすめ!

くびれをゲットするためには筋トレや有酸素運動を上手に組み合わせていくことが大切なポイントになりますが、毎日継続するのって大変ですよね。

だって、仕事で疲れて帰ってきた時に筋トレなどを行うのって正直無理がありますよね・・・。

 

そこで、活用したいのが着るだけで痩せられる驚きのシャツです!

このシャツは、特殊設計により着ているだけでお腹周りを鍛えている状態になっているんです。

 

いわば、無意識で筋トレをしているということです。

なので、普段忙しくて筋トレが出来ない人やくびれを少しでも早く欲しい方は使ってみるのが良いかもしれません。

 

効果が高くて大きな話題となっているのでもしかしたら聞いたことがあるかも知れませんが、そのグッズはエクスレンダーというシャツになります。

 

もちろん、エクスレンダーと筋トレを合わせることでくびれをさらに早くゲットすることが出来るでしょう。

 

今すぐ話題のエクスレンダーでくびれが欲しい人は

 

まとめ

今回はくびれを作るための筋トレや運動についてお伝えしました。

くびれをつくるためには腹直筋ではなく、横側についている腹斜筋を鍛えることがとても大切になります。

 

この記事でご紹介した筋トレは腹斜筋を鍛える物となっているので参考になると思います。

そして、筋肉をつけたら、有酸素運動を起こって脂肪を落とすことで、あなたのウエストに憧れのくびれを作ることが出来るでしょう。

 

ただ、忙しくて筋トレなどの時間を取ることが出来なかったり、『筋トレとかはきついからしたくないけど、くびれが欲しい!』少しでも早く成果を出したい人はエクスレンダーというグッズを検討することをオススメします。

 

エクスレンダーや筋トレを上手に活用しながら憧れのくびれを作っていきましょう!

 

今すぐ話題のエクスレンダーでくびれが欲しい人は